担保は不要になります

信用取引といっても色々とあるのですが、基本的には担保は不要になります。何故かといいますとあくまでその人に対しての信用で取引をしてもらう、というのが当たり前になっているからです。一々、担保を取っていられない、という側面もあります。これはどういうことであるのか、といいますと要するに担保を取る手続き、書類、登記などを考えますと非常に面倒なことがあり、手間がかかりすぎるからであり、殆どのところはとっていないです。

どんな取引があるのかということ

信用取引ができるのか、といいますと色々とあります。先物取引もありますし、FXなどもあります。最近ではFXが極めて人気であるといえるでしょう。ですから、基本的にはこれが今はインターネットでできる信用取引として最もわかりやすいことであるといえます。言うまでもありませんが、取引は自己責任になる、というわけではありますが、それでも十分に考えてみる価値はあります。つまりは、一気に儲けることができるのが信用取引なのです。

分限以上の取引をできる

信用取引の良いところは、分限以上の取引をすることができるところにあります。これこそが最高のメリットであるといえます。では、これはメリットしかないのか、というとそうではないです。具体的なデメリットとしては、分限以上の損失がでる、ということもあるのです。これがよくあることになりますから、取引をする時には注意したほうがよいでしょう。担保がないというのは業者にとってもリスクになっています。それでもやる価値はあります。

信用取引の担保には、保有株か現金を証券会社に預ける必要があります。その担保の約3倍の株式取引ができます。